和傘・番傘の種類 和傘

和傘とは、竹を材料にして骨と軸を作製し、和紙や絹布に防水加工した油紙を使い、それらを張った傘のことをいいます。
持ち手が細く、籐巻きになっており、性別問わずに持ちやすくなっております。
洋傘との違いは、天候に応じて開き加減を変えることができること、そのために、開いた際に止める箇所が2箇所ございます。

お着物をお召しの際に、また、普段でもお使い頂けるものでございます。
なお、京都の花街の芸子さんや舞妓さん方には、特にご愛用いただいております。

和傘には、「羽二重」という種類の和傘もご用意いたしております。
こちらの和傘は、和紙とその上に絹布を施してあり、通常の和紙だけのものよりも発色が綺麗だけでなく、
丈夫で持ちがよいものとなっております。。