和傘・番傘使用シーン 七五三

七五三とは、子供の健やかな成長を祝う行事のひとつで、
江戸時代からの風習が、現在にも息づいている日本の通過儀礼です。
男の子は3歳と5歳、女の子は3歳と7歳の年の11月15日に成長を祝い、神社や寺にお参りに行きます。本来は数え年でしたが、現在は満年齢(0歳を含む)で行うことが多くみられ、また、11月15日にこだわることなく、11月中にこの行事を行うご家族も多くなっています。
ぜひ、普段とは違うお子様の晴れ姿を、可愛い柄の和傘と共に、記念に撮影をしてください。
お子様にとって、何かを感じていただける貴重な日となることをお祈りいたします。