和傘・番傘の種類 番傘

通常の和傘よりも太い竹の骨に和紙を張り、その上に油をひいた実用的な雨傘でございます。
持ち手部分が竹で出来ており、少々重みもあるので、特に男性に好まれております。
時代劇での雨の劇中にて、差されている主たる傘が、この番傘にあたります。
		
番傘の名の由来は、江戸時代において、旅館や商家などが番号をつけて、お客様にお貸ししたところから、
その名を呼ぶようになったという一説がございます。
その由来を受けてか、現在においても、旅館や料亭などの雨天時でのおもてなしの際には、よくご使用いただいております。