和傘・番傘

和傘・番傘は、竹を材料にして骨と軸を作製し、
和紙や絹布に防水加工した油紙を使い、それらを張った傘のことをいいます

中国からの輸入品目として伝来しましたが、当時のものは開閉できない天蓋(てんがい)と呼ばれるものでした。
その後、時を経て、日本独自の技術により、室町時代の頃には、現在と同じ用途で使用される和傘・番傘の形となりました。
江戸時代においては、各地に普及をしはじめ、店の屋号を傘に明記することによって、宣伝を行うことなどに使用されておりました。
しかし、明治時代以降、洋傘の普及率が高まり、和傘の利用は急速に落ちてしまいました。

今日では、茶道や日本舞踊、歌舞伎などでは必須の道具であり、伝統行事や寺社での祭事において使用されております。また、旅館や料亭などでは、お客様の雨天時の応対やインテリアでのご使用もされております。